二系統の南葛八十八ヶ所霊場

旧南葛飾郡に開かれた二系統の南葛八十八ヶ所を実際に回っています。

宝積院

【札所番号】
南回り:第八十八番

松江村廿一ヶ所:第十番

【札所名】宝積院(真言宗豊山派

【所在地】

旧番地等 江戸川区小松川2-4471
現在の地名 江戸川区小松川2-1-16

# 旧番地等は昭和51年版の『江戸川区史』に載っている所在地です。江戸川区内は川や道路の工事で大々的に丁目や番地のふりかたが変わるなどしており、昔の資料にあたる時に必要になるかもしれないので書いてみることにしました。

【御詠歌(南回り88)】本尊薬師如来
なむやくし しよびやうなかれと ねがひつゝ まいれるひとは おほくぼのてら

【御詠歌(松江村10)】
うまれつゝ いでいるいきの そのまゝに あうんのにじの たへまなければ

f:id:chinjuh3:20201020135130j:plain
小松川・宝積院の大師堂と南無興教大師の石碑

 東小松川の宝積院(ほうしゃくいん)は、南葛八十八ヶ所南回りの第八十八番です。南回りは東小松川(旧・松江村)の善照寺から始まって、同村内の宝積院に戻ってくる霊場巡りです。南回りの札所としては、わたしはここを最初にみつけました。墓地内に大師堂があり、軒下に扁額がふたつ掲げられています。ひとつは南葛南回りのもので、もうひとつは松江村二十一ヶ所という、わたしはまったく聞いた事のない霊場巡りのものでした。さらにお堂の脇に「南無伝教大師」と刻まれた石柱があり、脇面に「四国三十五番」の文字も見えます。

 まずは南葛南回りについて書きます。

 同じ事を何度もいろんなところに書いていますが、南葛八十八ヶ所と呼ばれている霊場巡りは二系統あります。作られた年代も違えば、作った人も、順路も、まったく違う別の霊場巡りです。二つあって呼び分けられないと不便なので、当ブログでは「いろは大師」「南回り」と呼び分けています。詳しくは「目次のページ」を読んでください。

 宝積院の札所は、目的もなくこのあたりを歩いてみつけたので、その時は「あれ、南葛(いろは大師だと思っている)の札所ってこんなところにもあるの?」と適当に納得して、写真も文字が読めればそれでいいやくらいの気持ちで写しました。ピンボケしているのはそのせいです。帰宅後に調べたら、いろは大師の八十八番は葛飾区奥戸の妙厳寺だし、ならば宝積寺にある八十八番の扁額は一体なんなのか?! と思ったのがこのブログをはじめるきっかけでした。

 図書館で郷土資料をあたったところ下町タイムス社の『江戸・東京札所事典』に、八十八番を東小松川宝積院とする霊場巡りについて「明治四十三年十二月に東京弘山講により開創された」と書いてありました。この本では名称を「南葛新四国八十八所」としていますが、札所に残っている扁額を見る限り「新四国南葛八十八ヶ所」と刻まれており、表記には揺れがあり、正式にどうという決まりもないんだと思います。

 お堂の中を格子の隙間から拝見すると、小さなガラスケースに収められた大師像が安置されているようです。この大師像が南回りのために安置されたのか、それとも松江村二十一ヶ所のものなのかは、ちょっとわかりません。

f:id:chinjuh3:20201020135138j:plain
新四国南葛八十八ヶ所(南回り)・第八十八番の扁額

 これが南回り八十八番の扁額です。

新四国南葛八十八ヶ所
第八十八番御本尊薬師如来
なむやくし
しよびやうなかれと
ねがひつつ
まいれるひとは
おほくぼのてら

東京弘山講
明治四十五年
五月 納

施主
(四人分の氏名、ピンボケで読めず)

 このブログを書いている時点では、すでに何ヶ所かの札所で同様の扁額を見ています。必ず東京弘山講という南回りを開創した講名と、明治四十五年の文字が入っていました。例>四十番・北小岩正真寺三十九番・北小岩真光寺



 次に、松江村二十一ヶ所(廿一ヶ所)についても見ていきます。こちらも大師堂の軒下に扁額がかかっていました。 

f:id:chinjuh3:20201020135229j:plain
松江村廿一ヶ所・第十番の扁額

松江村廿一箇所
第十番 宝積院
うまれつゝ
いでいるいきの
そのまゝに
あうんのにじの
たへま
なければ

 刻まれているのはこれだけで、講の名前も年代もありません。これはまったく知らない霊場巡りです。『江戸・東京札所事典』にも、二十一ヶ所めぐりの例がいくつか掲載されていますが松江村はありませんでした。今後このあたりのお寺をまわってみる予定なので、もっとみつかるかもしれません。


 最後にお堂脇の石柱についてですが、正面には「南無伝教大師」とあり、向かって左面に

四国第卅五番(三十五番)
土州清瀧寺写
宝積院

と刻まれています。ちなみに興教大師も真言宗のお坊さんです。弘法大師の没後、荒廃していた真言宗を建て直した人ですね。向かって右面にも何か漢字で書かれているのですが、苔むしたりしてほとんど読めませんでした。これももしかすると何かの霊場巡りの一部なのかもしれないのですが、現在何に属しているかまったく不明です。

f:id:chinjuh3:20201020135206j:plain
南無伝教大師の石柱、向かって左面


 南葛八十八ヶ所が二系統あることに気づいただけでも自分の中では大発見だったのですが、さらに二つ、まったく未知の霊場巡りをみつけてしまいました。昔の人はどれだけ霊場巡りが好きだったんでしょうね!

弘法大師 空海 密教